--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/14 (Sat) 00:27
『蒲田行進曲』



おまたせしました!!


公演情報です!





神戸学院大学演劇部
劇団EXCLAMATION【!】新入生歓迎公演
『蒲田行進曲~銀ちゃんとヤス~』

原作:つかこうへい
演出:仲野元貴

《日時》
5月10日
①12:30②18:30

5月11日
①13:30②18:30

5月12日
①13:00

※開場は開演の30分前


《会場》
神戸学院大学有瀬キャンパス大学会館マナビーホール


☆入場無料!


~あらすじ~

東映京都撮影所は、5年に1度の大作「新撰組」の撮影に沸いていた。 何といってもそのウリは、池田屋に討ち入った新撰組隊員が、スタントを担当する“大部屋”役者を大階段の上から斬りおとし、壮絶に落下して行くその様を大迫力で映し出して映画を締めくくる、いわゆる『階段落ち』である。

もちろん、落とされた役者はただではすまない。軽くて半身不随、重くて死ぬだけの多大なリスクが付きまとう。しかし、撮影所の大部屋にすし詰めにされて日々を過ごす大部屋役者達が、それと引き換えに1日だけスターになれるのが、この映画だった。

この年、土方歳三役でその主役を張るのは倉岡銀四郎だった。彼には、自分を「銀ちゃん」と呼んで慕うヤスという大部屋役者がついていた。2人は、スターと大部屋という奇妙な組み合わせでありながら、それ以上に奇妙な関係を持っていた。銀四郎の恋人であり、その子を身ごもった元女優の小夏を、彼は出世のためにヤスに押し付けたのだ。

妻の腹の中にいるのが自らの子ではないと知りながら、夫となったヤスは大部屋として危険な役をこなしてお産の費用を出そうとする。結婚してからも銀ちゃんに惚れ込んでいた小夏の心は、子供の父親として頑張るヤスへと次第に移って行く。が、そこに、小夏が自分にとってもっとも大事な女性だと気づいた銀四郎が戻ってくる。



劇団EXCLAMTIONの名(迷)コンビによる銀ちゃんとヤス!
実力派が演じる小夏と橘!
などなど乞うご期待!!


新入生の方々是非ぜひご来場ください(-^〇^-)
スポンサーサイト

2012/04/04 (Wed) 23:17
新入生歓迎公演


4月新入生歓迎公演
『蒲田行進曲』は諸事情により公演見送り状態です。

日時・場所は未定ですが絶賛稽古中です!

公演に関する詳細情報は決定し次第このブログなどで発表いたします。


『蒲田行進曲』
作:つかこうへい
演出:仲野元貴

Coming Soon…

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。